RSS|archives|admin

二戸市 金田一温泉駅

2019.02.10 Sun
190210_1kintaichionsen-eki.jpg

190210_2kintaichionsen-eki.jpg

IGR、岩手県内最後の駅に来た。
金田一温泉駅。
地名も駅名も「きんたいち」だが、つい「きんだいち」と読んでしまう。
他県民が言う茨城県と同じパターンだ。

190210_3kintaichionsen-eki.jpg

この駅は2002年までJRで、建物は変わらないものの、軒はやや暗い赤系の色だった。
IGRに移管後は青く塗り替えられているが、時が経って今、当時の色が顔をのぞかせている。

190210_4kintaichionsen-eki.jpg

待合室は広め。
奥にプチ図書スペースがある。
レンタサイクルもあった。

190210_5kintaichionsen-eki.jpg

運賃表を眺める。
いよいよあと一駅。

目時駅は青森県の三戸町にある駅で、青い森鉄道との共同使用駅となっている。
共同使用駅のため、両方の事業者を繋ぐ改札が無い。
駅の管轄は、青い森鉄道。
そのため、IGRの管轄駅はこの金田一温泉駅までとなる。

運賃表をよく見ると右上に駅名標のイラストがあり、さらによく見ると「kinntaichi-onsen」と書いてある。
ホームの駅名標は「kintaichi-onsen」。
n がひとつ多いのでは。

190210_6kintaichionsen-eki.jpg

駅の敷地には、大きく「座敷わらしの里 金田一温泉郷」。

190210_7kintaichionsen-eki.jpg

その隣にはガイドマップ。
率直な感想は、温泉郷まで……と、遠い。
移動の選択肢は、バスかタクシー、あるいはレンタサイクルということになるだろう。
レンタサイクルは冬期休業だが。

190210_8kintaichi-mizunashi.jpg

駅前は、住宅がちらほら。
あとは駐在所とかタクシーとか。
なお、国道4号から程近い。

190210_9kintaichionsen-eki.jpg

駅舎のすぐ前には、「明治42年11月25日開業 金田一駅開業10周年記念樹」。
その樹は、1枚目の画像に載っている屋根より高くなった樹だった。
開業70周年に建立したことを刻んだ文字も見える。

190210_10kintaichionsen-eki.jpg

これも駅舎前。
石碑の前に植栽と雪、そのため文字がよく読めなかった。
かろうじて、金田一駅舎改築……は読めた。
あと、昭和四十五年四月の文字も。

190210_11kintaichionsen-eki.jpg

こちらは全部読めた。
「駅舎改築落成記念」と刻まれている。
昭和四十五年七月とのこと。

190210_12kintaichionsen-eki.jpg

駅の敷地はかなり広い。
路線バス、温泉の送迎車両などの利用スペース……だと思う。たぶん。

190210_13kintaichionsen-eki.jpg

金田一温泉のスタンプは、やっぱり金田一温泉郷と座敷わらしだった。

190210_14kintaichionsen-eki.jpg

ここにはもう一つスタンプが。
こちらはIGRの印が無く、「国立公園中継基地」の文字が入っていた。
中央には「いわて金田一温泉郷」の文字と温泉マークも。
さらに、よく見ると左右に小さな文字がある。
向かって左側が「十和田湖」、右側が「陸中海岸」だと駅の方に教えてもらった。



所在地:二戸市金田一字水梨5-2(※IGRいわて銀河鉄道ホームページによる)
(参考):二戸市金田一字水梨14-1(※Google Mapから検索)
駅構造:地上駅
ホーム:単式1面1線、島式1面2線
開業日:1909年11月25日




Category:いわて銀河鉄道線 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |