RSS|archives|admin

岩手町 北上川源泉 弓弭の泉

2018.03.11 Sun
180311_1iwatemachi-kawanoeki.jpg

国道4号を走行中、そういえばこの辺に北上川の源泉がある、ということを思い出し、昔の記憶を頼りに現地へ。

180311_2iwatemachi-kawanoeki.jpg

近くには川の駅。
説明看板には、旧北上川を併せて合併前の29市町村が表記されていた。

180311_3iwatemachi-kawanoeki.jpg

北上川源泉は、ゆはずの泉とも言う。
漢字で書くと、弓弭の泉。
弓弭とは、弓のつるをかける先端部分とのこと。
源義家が大杉の根元を弓弭で突くと、清水が湧き出たらしい。
その湧き水が北上川源泉だという。

180311_4iwatemachi_mido.jpg

「新奥の細道」の看板。
この辺は、旧奥州街道だったらしい。

180311_5midokannon.jpg

180311_6midokannon.jpg

弓弭の泉は、寺院の敷地内にある。
お寺は北上山新通法寺正覚院で、通称は御堂観音。

180311_7midokannon.jpg

御堂観音の脇を流れる清水。
これが北上川ということになる。

180311_8midokannon.jpg

妙にさっぱりした感じの本堂。
ここに来たのは何年ぶりだろう。

180311_9midokannon.jpg

180311_10midokannon.jpg

本堂に向かって右手側へ。
そこにあるのが、北上山水神と記念碑。
記念碑には「蜿蜒(二四七)キロメートルを流れ」と記されていて、最初は蜿蜒の意味と読みが分からなかった。
碑には地図が刻まれているが、沿岸部の市もいくつか入っている。

180311_11yuhazunoizumi.jpg

180311_12yuhazunoizumi.jpg

そのまま歩を進めて、北上山水神の奥の方。
そこに、北上川源泉、弓弭の泉がある。
樹の根元の下から、確かに水が湧いていた。
この時期、水量が多いのだろう。
こんこんと湧き出る、そんな感じの源泉だった。


Category:岩手町 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市 南昌荘

2018.03.03 Sat
180303_1nanshoso.jpg

今日は3月3日。
南昌荘のひなまつり、今日までじゃなかったっけ、という流れで嫁さんと南昌荘へ。

180303_2nanshoso.jpg

俺は今日が初南昌荘。
嫁さんに、今度一緒に行こう的な話を何度したことか。

180303_3nanshoso.jpg

180303_4nanshoso.jpg

今日は3月3日。
結構な数の人が訪れていたが、それでも静かなひと時がある。
雰囲気いいじゃないか。

180303_5nanshoso.jpg

すっと目に入ってきたのが盛岡諸有名人の一覧表。
呉服町の印刷業「又玄堂」が明治21年に刊行、住所録として重宝されたという。
当時の町名が色々載っていて、ついつい長時間眺めていた。

180303_6nanshoso.jpg

たくさんのひな人形が飾られていたが、嫁さん一番のお気に入りがこのおひな様。

180303_7nanshoso.jpg

廊下に、絵葉書に見る盛岡再発見というコーナーがあった。
橋とか街並みとか興味深い。
段々と盛岡に関係ない絵葉書になっていくところが俺的ポイント。

180303_8nanshoso.jpg

南昌荘は歴史があるものの、保存・保護の指定時期はそんなに昔じゃないことを知った。
なお、2015年には国登録記念物に指定されている。

180303_9nanshoso.jpg

現在の所有は、いわて生協。
春が訪れたらまた来たいと思う。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |