RSS|archives|admin

盛岡市上田(の室内)

2013.03.31 Sun
130331_1ueda.jpg

某日。
「なぜここに街区表示板が」という疑問が、酔いと共に頭の中を駆け巡った。
レプリカかとも思ったが、ケースに入れているところを見るとそうではないような気がする。
俺も一枚欲しいなぁと思いながら、また酒の席に戻った。


Category:その他 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市上厨川~土淵

2013.03.31 Sun
130331_1kamikuriyagawa_oyashiki.jpg

ゾーン30を知らなかった。
聞いたことはあったかもしれないが、だとすれば覚えていなかった。

一定地域内の道路を最高速度時速30キロに規制する、ということらしい。
長橋町地区と土淵地区が対象で、岩手県内では初めて導入されるという。
規制は4月1日から開始されるが、30キロがどんなもんか実際に土淵地区を走ってみた。
田んぼを通る一直線の道路もあるが、狭いカーブの所が結構多くて、このエリアを40キロとかで走り抜けるのは確かに危ないかもしれない。

130331_2kamikuriyagawa_oyashiki.jpg

2012年は人身事故8件、物損事故が58件という新聞記事を読んだ。
・・・もしかして30キロでも危ないのでは、という気がしないでもない。

130331_3tsuchibuchi_yotsuya.jpg

ところでこの「ゾーン30」。
みんな知っている(知っていた)のか。
俺は知らなかったので、「ここから30キロ」と書いてあった方が分かりやすいのだが……。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

東北自動車道 矢巾PA

2013.03.30 Sat
130330_1yahaba-PA.jpg

色々あってあっという間に夜になり、俺はなんとなくドライブに出掛けた。
と言っても、正味30分程度だが。
ルートは東北自動車道をチョイス。
夜の高速は嫌いじゃない。

130330_2yahaba-PA.jpg

上りの矢巾PAは、個人的にはまず利用しないPA、SAの一つだ。
盛岡を出発して南下する場合、余程のことがない限り、利用するとすれば紫波SAになる。
この先も利用しない可能性が高いので、自分の記念として撮っておいた。


Category:矢巾町 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市本宮

2013.03.27 Wed
130327_1motomiya.jpg

アイスアリーナと市立総合プールの裏を歩く。

130327_2motomiya_bench.jpg

俺は、肩をすくめた。
この表示のように使うのは、ちょっと難しいんじゃないか。
少なくとも、今の俺には出来ない。

130327_3motomiya_bench.jpg

少し歩いて、俺はまた肩をすくめた。
こういうことかと。
この道のベンチは、座る以外の用途があるらしい。
それにしてもこれは・・・。
体操選手か。

130327_4motomiya_bench.jpg

もはや、座ることを目的にしていないようにさえ感じる。

130327_5motomiya_bench.jpg

これはどう使えるのか。
プレートが無くなっているので、残念ながら分からない。
予想としては、足を引っ掛けて腹筋とか。

130327_6motomiya_bench.jpg

俺は、肩をすくめた。
またこれかと。
しかも表示がさっきと逆。
というか、さっきの方がおかしかった。

130327_7motomiya_bench.jpg

最後はまた、上体反らしが出来るこのベンチ。
ここに寝た状態で反らすならまだしも、反対側に足を置くのはやはり厳しい。
もう、ストレッチの域を超えていると思う。

ちなみに俺は、どのベンチも試すことはしなかった。
筋肉や神経が、それを拒否していた。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市天昌寺町

2013.03.25 Mon
130325_1tenshojicho_nakayashiki-yubinkyoku.jpg

じつは、意味が分からなかった。

おへれんせ

なんとなく、雰囲気的には掴めるものの、はっきりとは分からない。

家に帰ってネットで検索すると、ウィキペディアに載っていた。
「おへれんせ・・・お入りください」

ああそうかと納得。
少なくとも、俺の生まれ故郷よりは綺麗な言葉だと思う。

「おへれんせ」の後に続く顔文字も含めて、個人的には好印象だ。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市三ツ割

2013.03.24 Sun
130324_1karatoishi-koen.jpg

道路地図を眺めていたら、櫃石という公園が目に入ってきた。
俺は、なぜか「櫃」という漢字に惹かれ、その公園に行ってみたくなった。
場所は、薬王堂三ツ割店の近く。
この店には来たことがあるので、まあ迷わないだろうと思っていたが、実際は一度通り過ぎた。
俺は、チロルの前で肩をすくめた。

130324_2karatoishi-koen.jpg

櫃石幼児公園。
あとで知ったが、「からといし」と読むらしい。
その名のバス停もあった。
地元民なら知っていて当たり前だろうが、俺は「ひついし」だと思っていた。
ちなみに「ひついし」は、香川県にあった。

130324_3karatoishi-koen.jpg

スペースは、思っていたよりも広いと思った。
遊具が何種類もあって充実している。

130324_4karatoishi-koen.jpg

さっきから、水の流れる音が止まない。
坂に設置されている水路と脇の桝から聞こえるようだ。
目を瞑れば、小川のせせらぎという感じがしないでもなかった。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市 綱取ダム

2013.03.23 Sat
P1100087.jpg

綱取ダム周辺は、まだ空気が冷たかった。
風が強く、あちこちの枝がせわしなく揺れていた。

綱取ダムは、着工が昭和52年12月22日、竣工が昭和57年10月25日だという。
わずか5年で出来たことになる。
ダムは長い年月が掛かるイメージだったので、ダムの規模によるとはいえ意外な気がした。

P1100077.jpg

啓発看板に、被せるように警告。
ただ一言「危険」。

P1100092.jpg

散策路の向こうに「クマ出没注意」。
これはちょっと怯む。
クマが仁王立ちだし。

P1100095.jpg

ここはまだ、氷が張っていた。
市内とはいえ、やはり山。
綱取ダムの春は、まだ先のようだ。


ということは、クマはまだ冬眠中か。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市西仙北

2013.03.20 Wed
P1100054.jpg

雫石川の堤防を下流に向かうと、線路にぶつかる。
一般の人は立入禁止だが、保守点検など行う人はここから入ることができるようだ。
ちなみに、保線と言うらしい。

雫石川は北上川と合流する。
ここまで来れば北上川が見えるのかと思ったが、残念ながら俺の想像とは違っていた。

P1100055.jpg

盛岡駅の方に目を向けて気が付いたが、じつは雫石川もあまり見えない。
俺は、なんとなく肩をすくめた。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市 高松公園

2013.03.20 Wed
P1100035.jpg

ハクチョウは、北に帰り始めているようだ。
新聞などでそのことを知り、俺は高松公園にやって来た。
確かに減ったかもしれないが、それでもまだ池には何羽も留まっていた。
ヒトが与える食べ物が、美味しいのかもしれない。

P1100038.jpg

高松の池を覆っていた氷は、完全に解けていた。
もう冬は終わった。
そんな気がした。
ただ、天気予報では、明日は荒れるということだったが。

P1100041.jpg

駐車場脇の古い家は無くなり、更地になっていた。
公園としては、景色が開けたことは良かったかもしれない。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市月が丘

2013.03.19 Tue
130319_1.jpg

気が付けば、月が丘西幼児公園の遊具は入れ替わっていた。
ジャングルジムの形状は、四角いタイプからドーム形になった。

最近、他の公園でも取り替えている現場を見た。
劣化や耐用年数とか安全性に係わる理由だと思うが、古い物が無くなるのは、個人的にはやはり寂しい。
でも、遊具が新しくなって、子供たちは喜んでいるかもしれない。
また、安全性を考えると、喜ばしいことだとは思う。

130319_2.jpg

昔からの看板は残っていた。
手書きっぽいというか手書きというか。
この文字から伝わるほのぼのとした雰囲気は大事にしたい。

130319_3.jpg

近くの注意喚起看板。
文字が消えていて、ある意味それが危険なのでは……。
個人的には、後ろのフェンスに貼ってある「さわやかな挨拶を」の唐突感が見逃せない。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |