RSS|archives|admin

盛岡市 岩山公園

2019.05.03 Fri
190503_1iwayama-koen.jpg

快晴、岩山、岩手山。

190503_2iwayama-koen.jpg

桃の花と岩手山。

190503_3iwayama-koen.jpg

これも桃と岩手山。

190503_4iwayama-koen.jpg

桜と岩手山。

190503_5iwayama-koen.jpg

岩山と岩手山。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市 高松公園

2019.05.03 Fri
190503_1takamatsu-koen.jpg

時折吹く風は、涼しくて気持ちよかった。
公園のどこからかキジバトの独特な鳴き声が聞こえ、それが終わると今度はキジが甲高い声で鳴いた。
目の前は青く、久しぶりに見る岩手山は悠然としていた。

190503_2takamatsu-koen.jpg

今年はどこもソメイヨシノの開花が早い印象。
高松公園も、ぼんぼりと露店はまだあるものの、メインの花びらはすでに多くが散っていた。

190503_3takamatsu-koen.jpg

特に目的は無かったが、少し歩いてみることに。
散策途中、何かよい香りがすると思ったら、そこにはたくさんのユキヤナギが咲いていた。
これも春らしい匂いだと思う。

190503_4takamatsu-koen.jpg

奥の方には八重桜。
時折吹く涼しい風が、優しい香りを運んでくれる。
近づくとまた風が吹いて、いくつかの枝を大きく揺らしていた。

190503_5takamatsu-koen.jpg

なんとなく見上げると、快晴の空に萌黄色の葉。
春から次の季節に準備が進んでいるようだ。

190503_6takamatsu-koen.jpg

視線をずらすと、奥の樹に栗の殻が。
去年の秋が、まだそこには残っていた。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市紅葉が丘

2019.04.13 Sat
190413_1momijigaoka.jpg

目の前は、真っすぐ続く上り坂。
奥の方には急な階段。
そちらに足が向いたのは、動物としての性だろう。

190413_2momijigaoka.jpg

数分後、流れる汗を拭いながら、階段の一番上まで辿り着く。
雑木林にキジバトが飛んできて、あの独特の声で鳴いたあと、スッと去っていった。
あれは、俺と嫁さんへの挨拶だったと思いたい。

190413_3momijigaoka.jpg

振り向いて町を見渡す。
長い上りと3箇所の階段。
体力の無さと相まって、俺の呼吸が荒かったのは事実だ。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市 毘沙門橋

2019.03.30 Sat
190330_1bishamonbashi.jpg

毘沙門橋が補修工事のため通行止めになっていることは知っていた。
中津川と岩手公園の間にある道には工事用のバリケード。
道幅の半分は進入禁止で、「自転車は降りて通行するように」という内容の注意看板が置いてある。
ちなみにこの道、市道中ノ橋御厩橋線とのこと。
単なる遊歩道ではなかった。

190330_2bishamonbashi.jpg

190330_3bishamonbashi.jpg

俺が初めて盛岡に住んでいた頃、すでに著しく劣化していたような気がする。
あらためて見ると、確かに危険なレベルだと思う。

190330_4bishamonbashi.jpg

橋の真ん中辺りには重機が。
舗装を取り除く作業は終わっているようだ。

190330_5bishamonbashi.jpg

よく見ると、コンクリートに小さな緑の命が。
だが、生き延びられるか……定かではない。

190330_6bishamonbashi.jpg

橋そのものの工事は6月30日までに終わるようだが、通行止めの解除は9月30日らしい。
付属的な工事があるのだろう。
例えば、手すりや照明関係とか。

看板を見て、毘沙門橋が市道肴町12号線ということを新たに知った。
看板には色々な情報が載っているのでありがたい。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

盛岡市 内丸緑地

2019.03.30 Sat
190330_1uchimaru-ryokuchi.jpg

内丸緑地のヒマラヤスギは、予定通り全て伐採された。
根も除去したようだ。

190330_2uchimaru-ryokuchi.jpg

亀ヶ池側から北の方角は、県庁がよく見えるようになった。

190330_3uchimaru-ryokuchi.jpg

内丸緑地から南の方角は、ひとことで言えばすっきり。
遮る物が無くなったので、日差しが緑地に直接降り注ぐ。
今はいいが、夏は余計に暑く感じるだろう。

190330_4uchimaru-ryokuchi.jpg

亀ヶ池側の端から。
以前はヒマラヤスギに隠れていた東警察署も全体が見えるようになった。

190330_5uchimaru-ryokuchi.jpg

鶴ヶ池側から北の方角は、公会堂と合同庁舎が見えるようになっていた。
ふと、伐採が始まった去年10月に訪れた時は、鶴ヶ池側がまだ未着手だったことを思い出した。
約半年でがらりと変わってしまった内丸緑地。
倒木の危険性があったためやむを得ないとはいえ、心の中はやはり淋しい。

190330_6uchimaru-ryokuchi.jpg

伐採にあわせて、ベンチも新しくなっていた。
個人的には、これまでの古びたベンチも嫌いではなかったが……。

190330_7uchimaru-ryokuchi.jpg

鶴ヶ池の端から。
県警本部の建物も視界に入る。

190330_8uchimaru-ryokuchi.jpg

池側の石垣をよく見ると、根が残っていた。
察するに、根を抜くと石が崩れてくる恐れがあるのではないかと思う。
これ以上根が伸びることはないだろうから、今がいいバランスを保っている状態なのかもしれない。

190330_9uchimaru-ryokuchi.jpg

土手に生える樹と柵の石。
緑地の防護柵は、この樹の北側に東西方向へ真っ直ぐ延びている。
特に壊れている箇所は無いようだが、なぜかここから歩道まで、横材料の無い石が数個存在していた。
おそらく昔の物がそのまま残っているのだと思うが、樹がこの石を抱きかかえて離れないようにしている、離れるのを嫌がっているようにも見える。


Category:盛岡市 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |